友達に見栄を張るために

大学卒業後働き出したばかりの私には、一切のお金の余裕などありませんでした。

就職と同時に始めた一人暮らしに今までの貯金を使い、その上での家賃などを支払っての、毎月の生活は想像以上に大変な事でした。

家具も、最低限の物しか購入せず、つつましく生活をしていたのです。そんなある日、同僚の中で一人暮らしをしているのが私一人という事で、周りからうらやましがられるようになってのです。

そこで、調子に乗った私は、あることない事を自慢し、急にその同僚たちが我が家に来ることになってしまったのです。

その同僚が来る前に何とか、かっこのよい部屋にしなければいけません。しかし、そんな余裕のない私は、結局、自分が付いた見栄との交換に消費者金融でお金を借りる事になったのです。

そして、レイクにお金を借り、家財道具を買う事に。そのお陰で、同僚に見栄を張る事は出来ましたが、その代わりにローンと言うものが重くのしかかる事になったのです。

それでなくても、毎月の生活が苦しかったのにも関わらず。私の付いた、ちょっとした嘘や見栄のせいで、毎月苦しい生活をするはめになり、本当に後悔しています。

レイクで、すぐにお金を借りる事ができたことには、感謝もしていますが、返済の大変さも実感し、これからは、計画的にお金を使う事を身に染みて感じた出来事でした。