訪問販売に就職して金銭感覚がおかしくなり借金にはまって

 かなり前の話なのですが、訪問販売会社に就職したときのことです。販売していたのは太陽熱温水器で、一台売れると4万円のマージンが入る仕事でした。

一日一契約をとれば月に20日稼動としても80万円の収入になる計算で、その半分でも40万円です。

ベテラン社員は20歳台でも100万円の給料とかを稼いでいる環境だったので、独身者などは金銭感覚がおかしくなり、当時の私なども毎日のパチンコ、キャバクラ、フィリピンパブ通いが始まってしまいました。

遊行費が不足しだすと、サラ金に行けば即日50万円くらいの融資を受けられることを教わり、すぐに実行してそれが2社、3社と雪だるま式に増え最終的には200万円くらいまで膨れ上がり、給料が入ると全額サラ金に返済し、銀行の預金口座の代わりにサラ金のキャッシュディスペンサーを利用しているという有様でした。

そうこうするうちにその時就職していた会社で稼げない状況に陥り、会社を転々としましたが、あまりパッとせず借金もなくならなかったので、これは根本的に金銭感覚を正常に戻し、堅実な暮らしに戻らなければ破滅すると思い、工場勤めに切り替えました。

その結果どうにかこうにか借金を返済し終わり、貯金もできるようになり生活を立て直すことができました。

やはり人は堅実なことを考え地道に努力するのがベストだというお話でした。